民団紹介 支部・参加団体 行事予定表 推進事業 領事事務 民族教育・奨学事業 韓国語・文化講座 便利電話帳

民団ニュース
2013-05-13 14:13    
第4回韓半島情勢フォーラムを関西大学が主催
吹田市大手町の関西大学第2学舎BIGホール100の様子
吹田市大手町の関西大学第2学舎BIGホール100の様子
5月11日、第4回韓半島情勢フォーラム「最近の北朝鮮情勢と対北朝鮮政策に関する講演会」が吹田市大手町にある関西大学第2学舎4号館内BIGホール100で開催された。あいにくの雨の中、学生を含む500余名が参加し、熱心に耳を傾けた。(また、全過程を通して手話による通訳を行ったが、これは、関西大学始まって以来のことだそうである。)民団本部・支部・関係団体からも50名以上の参加があり、韓半島情勢に対する関心の高さを窺わせた。
 李賢主(イ・ヒョンジュ)駐大阪大韓民国総領事は講演の冒頭、この講演会を機に、関西大学が日本における北朝鮮問題研究の中枢的役割を担っていくことを期待し、韓国総領事館もその協力を惜しまないとのメッセージを送った。
 つづいて、「朴槿惠大統領の対外政策の基本は、大統領の政治哲学である、国民に対する「信頼」を糧とする「信頼外交」であり、韓半島信頼プロセスと北東アジア平和協力構想(ソウルプロセス)はその中核に位置する。韓半島信頼プロセスを簡単に紹介し、最近の北朝鮮の挑発と核放棄交渉の歴史と教訓を整理し、いかにして韓半島信頼プロセスが具現されるかについて、わたくしなりの仮想シナリオを紹介したいと思います。この仮想シナリオは韓国政府の公式的な立場とは関係がないことをご了解の上、今日参加された先生方と学生皆様が自由な討論を通して、自らのシナリオを導き出していただければ幸いです。」として、約90分間にわたる講演に入った。
 主題発表は、「3次核実験以後、北朝鮮の国内事情と外交政策」と題して三村光弘ERINA調査研究部長と、「北韓の対外動向展望及び国際社会対応方向提言」と題して李相哲龍谷大学教授がそれぞれ行った。
 パネリスト討論は李英和関西大学教授の司会で、朴一大阪市立大学教授、星野俊也大阪大学教授、他専門家らによって行われた。




李賢主(イ・ヒョンジュ)駐大阪大韓民国総領事講演の様子



会場の模様



三村光弘環日本海経済研究所調査部長が北韓訪問時の貴重な写真を披露







1368422003_frm2.JPG [1732 KBytes]   
    
HOME
アクセス・会館案内
大阪コリアブライダルセンター
民主平統諮問会議 
日本・近畿協議会
韓国情報
求人・通訳情報
↑新しい求人情報が↑
入っています。

民団大阪本部LINE@
↑お得な情報いっぱい↑
民団大阪本部のLINE@

リンク集
民団中央本部
在日韓人歴史資料館
駐日韓国大使館
駐大阪大韓民国総領事館
大阪韓国文化院
在外同胞財団
韓国観光公社
コリアンネット
Youtube - 韓国外交部
韓国外換銀行
日韓就職支援KJ-BANK
ハナ集いの家


在日本大韓民国民団大阪府地方本部
〒530-0016 大阪市北区中崎2-4-2 TEL:06-6371-7331 E-mail:info@mindan-osaka.org 
Copyright Mindan-Osaka All rights reserved